忍者ブログ

無礼院慈安宮

大貨・大特進入禁止ここに甦る。え?あったんだってそういう変な名前のブログが。

絶対音感とは何ぞや?



俺はチューナーを使わない。


突然何だと思うだろうが、
俺はなぜかギターのチューニングにチューナーを使う習慣がない。


某所でツナ缶の記事を見て、そういえば、と考えた。

なんでツナ缶でチューナーなのかはここを見てもらうとして、
俺は自分のチューナー史を振り返ってみた。

確かチューナーを自分で買ったことはある。
KORGの、いかにもアナログな、実際に針がピョコピョコ動くやつだ。

そうだ。
あいつも原因のひとつだ。


弦を弾くと、最初高めのピッチを示して徐々に針が下がる。
人間なら普通ジャストに合わせたいから、どのタイミングで合わせたら良いか迷う。

いや考えりゃわかるだろ、耳で合わせるときは振動が落ち着いたサスティンの部分で合わせるだろ。
しかし落ち着きのない針を見ていると迷う。
不思議だ。

チューナーってのはあまり精密に表示し過ぎないのが良いのかもしれない。
事実最近のものは簡素なデジタル表示だ。
だがそれはそれで、その、ジャストのランプと隣のランプの境目はどの辺?ジャストのランプの範囲どのくらい?お前信用していいの?なんて考えてしまう。

そして、若い頃のバンド仲間だ。
耳なんかあてにならん、チューナーを使えと、
自慢のチューナーでそいつが合わせたギターでコードを弾くと、音が濁る。
確かに指の押弦力も個人差があったりはするが。
しかし俺はチューナーで合わせたんだから間違いないと聞かない。

そんなことを繰り返し、オクターブ・ピッチにもだんだん敏感になり、最後に待っているのはアレだ。
ピタゴラス・カンマのイタズラだ。
どこまで行ってもすべてのフレットでドンピシャのジャストになることはない。


かくして俺は
ギターのチューニングには、程よくファジーなギタリストになった。




じゃ実際のチューニングはどうしてるのか?

昔は音叉で5弦Aを基準とした。
ちなみに、
電話の受話器を上げたときのプーーーーーという音、アレがGで
呼び出し中と話し中の断続音がBである。


いまは5弦か6弦、または気分で3弦を基準として、
何で音をとるかと言うと、頭の中で曲を鳴らすw
3弦ならば、
例えばリッチーがオープンGをバーン!と鳴らす、
アレを脳内で再生する。
要は何弦だろうが、
そのキーの曲を鳴らせばいいのだ。頭の中で。

しかしw
その当時その曲を聴いていたカセットテープのラジカセの回転速度とか、
そもそもそのギタリストのチューニング精度にピッチが左右されるというリスクは伴うww

あと、6弦基準としたときに何故か半音下げに仕上がることが時たまある。
犯人は大体わかってる。アイツだ。


キーによっていつも曲が決まっている訳じゃない。
だからいつもテキトーに脳内で選曲する。
GならSmoke on the waterでもBurnでもいい。
AならZepのRock'n'rollだとかEならJimiのPurple hazeだとかだ。おっと半音下げに気をつけろ。

Dならなんだろう、なんて考えていた。
一時期ハマったKing's Xに、ドロップDのイカシタ曲が幾つもあるが
Motley CrueのDr.Feelgoodが一音下げじゃなかったか?
頭の中で鳴らしたら懐かしくてしばらくリピートしてしまった。

6弦を転がすリフのカッコよさ。
♪デンデレンデンデンデンデンデン
デレンデレンデンデンデンデンデン


確かサビはこんな感じだ

♪膝からコードがフィールグー
膝だけめちゃ冷えオーラーイ


ファーストから5枚目あたりまでよく聞いた印象が残ってる。


♪母ちゃん酔って電線音頭がぁブーム
肘揉んでワンタン食おう!フィールグぅーーーオーイェー


のってきた。

当時HM/HRバンドがどんどんハードな方向に行くなかで
テクニック?スピード?んなことよりノリだろノリ。
そういわんばかりのブギやロックンロールの名曲が多い。
敷居が低いせいもあって、ギターを少し覚えたあの頃よくコピーした。
確か当時はバンドスコアなんてのを買ってた気がするが、
何故かいつも最終的には自己流耳コピになっていた。

コード進行とその部分のフレージングの理由を考え、
いろんなことに辻褄が合っていき、
イカシタフレーズとそのパターンを学び、
時には代理コードや裏コードのケーススタディになっていたり。





絶対音感とは何ぞや。

そんな言葉日常生活でなかなか出てこない。
例えばテレビで天才ピアニストの波乱万丈物語みたいなのを見た後くらいだ。

自分に絶対音感があるか、みたいな話になると俺はそれなりにムキになるw
しかし実際自分に絶対音感があるかどうかにはあまり興味がない。


残念ながらコンサートピッチ440Hzと441Hzを聞き分ける耳を
俺は持って無いだろう。

けど、
青春時代に聞き込んだロックの名曲は今でも鮮明に頭の中で再生できるし、
それらから学んだ、
ギターの楽しさ、カッコ良さは知っているつもりでいる。



俺にとっての絶対音感とは
これぞという音を自分の中に持っているか、と見つけたり。

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

まさか耳で合わせていたとはネヴァびっくりだぜ!イェーァ!!

2. 無題

モトリー俺も好き。あの不良ども、良いバラード作るんだよw

俺のギターの開放弦はチューナーで見ると全弦ズレてます。ずらしてると言った方が正しいか。
弾いてる時は耳で判断して指で調節して平均値を守ってる感じ。
フローティングさせたストラト弾いてると自然と身に付くよね。

あとフロイドローズはブリッジとアームの重量があるからそれも利用する。
ギター持つ角度でチューニングが変わるから。
バッキング左右で弾いたり、あとはハモリとか鍵盤との絡みもあるから、開放弦をチューナーで合わせるだけではキビシイね。

3. 無題

〉絵描きさん

モトリーいーよねー。職人に徹するミックおじさんが渋すぎるw

俺の「面倒くさいから考えるのやーめた」を正当化するためにピタゴラス・カンマまで引っ張り出したのはさすがにこじつけが過ぎましたねw

音程の指先での微調整は無意識にやってますよね。
レオ・フェンダーは当初からフローティングさせる前提でシンクロナイズド・トレモロを開発したようです。
今のところストラトには、フロイトローズ以外だと、
ロック式ペグ、ウィルキンソン・ローラーナット、2点支持ナイフエッジシンクロユニットの組み合わせが、恐らく最強でしょう。かつてロック式ペグだけは試したことがあります。

そうかwやっぱりフロイドは重いのか。
フロイド載っけのギター弾いてて体勢変えたときのピッチ変わった感は、やっぱり気のせいじゃなかったんだw

例えばグレッチなんか弾いてると、ハイポジションでピッチがフラットするのも、「味」だと感じてしまうことがあります。
また人間は何にでも「慣れる」生き物なので、ピッチがあまい楽器にも、いつしか馴れてしまう可能性もあります。怖いですねw

考えれば考えるほど正解がわからないwww

結局、音を出した張本人が気持ちいいかどうか、それに尽きるんじゃないかと思うんですが……

4. 無題

〉いとまーネヴァ

ごめwコメント承認見落としてたw
走りながらだったからww

ネヴァどんな風に使ってたか思い出せんwww

あ、マックのオーダーとかでね、
「セットのお飲み物はいかが致しますか?」
「コーラだ!ネヴァ!」
とかw

そーかおめーは一生コーラしか飲まねぇんだなっていうww

5. 無題

ジェイムズさん(メタリカ)がDr.feelgoodのイントロ流れた瞬間すごい衝撃受けて後のブラックアルバムに繋がったとかなんとか、以前何かの番組で見ましたね。

膝からコードがww そんなネタあったんだww
ヴィンスの声で脳内再生して笑っちまいましたw(in事務所)
あとキックスタート~の「おー!いえー!金玉張るほど粘ったー」とか懐かしいw

何百回何千回と聴いた曲だったら微妙なピッチまで脳内再生できる、「心の琴線にふれる」ってそーゆー事かと思ってみたり。

6. 無題

〉カズやん

うぉマジか!カズやんからコメが!何だこの込み上げる嬉しさはw

実は
膝からコードを思いついちゃったからこの記事書いたようなもんですwもうフル空耳Ver.作ってやろうかしら。
キックスタート~に至ってはもう金玉の方が正式な歌詞になっちゃってますしww

そう、何百回と聴くと刷り込まれますな。青春時代、まして幼少期ならばなおさら。
もっと子供の頃、宇宙戦艦ヤマトのレコードがお気に入りでもう数えきれないほど聴きましたよ。親が居ないときでも子供だけでいじるから何ヵ所か針飛んじゃって無限リピートになっちゃうところがあってw

その無限リピートの場所まで正確に覚えてんだコレがwww

いやー心の琴線に触れてるなぁ。(違

7. Girls Girls Girlsの出だし

「旨いな~ けど匂うわい」

ヴィンス何食ったんだ?

8. 無題

wwwwwwwなんで空耳大会になってんだwwwwww

〉絵描きさん

その続き

♪うまーいイモだ最高でーすスイーツ要らなーい

プロフィール

HN:
Brainflow (麻呂)
性別:
男性

P R