忍者ブログ

無礼院慈安宮

大貨・大特進入禁止ここに甦る。え?あったんだってそういう変な名前のブログが。

人生で最悪の目覚めを迎えた日




6時3分、俺とかみさんの2つの携帯からエリアメールが鳴り響く。
同時に、俺がこの世で最も聞きたくない音が響き渡る。

俺んちみたいな田舎には、広域連絡用のスピーカーが設置されてる。
どこどこのお年寄りが行方不明です、服装は、なんて放送するやつだ。

比較的涼しい夜はエアコンを切って、窓を開けてねる。
その開いた窓から、不気味なサイレンが鳴り響いて一瞬で目を覚ました。





国民保護サイレン。




知らない人はググるといい。
そのサイレンの意味するところを知っていた俺は凍りついた。
まさか現実に聞く日が来るとは思っていなかった。

夜勤で帰りの遅いかみさんは隣で寝息をたてている。
外でジェリコがサイレンに反応して遠吠えしている。

テレビをつければ良かったんだけど、俺は自分の意思でテレビを観る習慣がない。
ついてりゃ観るけど。

テレビをつけたのは、通過を知らせる2度目の警報の後だ。
北海道から長野の広域で警報が発されたこともその時知った。
一時はこの長野に着弾するのかとまで考えた。

間抜けもいいところだ。
おかげで十数分、生きた心地がしなかった。




これは俺の癖なんだけど、
何かあると、まずいちばん望まない最悪の状況から考えてしまう。

爆発と熱と衝撃波に耐え、その後49時間外気を遮断出来るような場所、
しかも守るべきものを連れて、ここから数分で到着できるところ、
そんなところは思い当たらない。頭が真っ白になってしまった。




今回はっきりしたことはひとつだけ。

狙う意味のないこの長野に着弾することはまずないと思いたいが、
もし、仮に、そんなことが起こった場合、
そしてそれを、今回のようにJアラートで知ったとしても、


俺は誰も守れない。

自分さえもだ。




拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

お互い無事でなによりです。
麻呂さんの仰る通り着弾点が自分の地域だったと想定した場合、アラームが鳴ってから行動してもなんの意味も無い事を痛感しました。
それほどまでにミサイルのスピードは想像を超えたものでした。

2. 無題

ほんとに無事でよかった。北海道通過なんて言うから…
5時58分頃発射、Jアラート作動が6時、
俺んとこのエリアメールが6時2分、
6時6分頃北海道通過で6時12分に落下。

8分程で到達し、アラートから我々に与えられた時間は4分程ということになります。

途中でトラブルでもあれば、道内に「なにか」が落下することだってあったかもしれない。
弾頭を積んでなかったにしてもですよ。

今朝のことで、自分がいかに絵空事のように考えていたか思い知りました。

3. 無題

家族が居ると責任も重大です。無事で安心しました。
しかし着弾した海には船が沢山居たそうです。
原爆が落ちた時、しゃがんでいたか立っていたか、屋外に居たか室内に居たか、たったそれだけで生死を分けた例が多数残っています。
室内の中心で光を見ないように目を閉じ、耳を塞ぐ、たったそれだけで全然違うんです。
実践しましょう、
4分って結構色んなこと出来ますよ。緊急地震速報より長いですし。
近所に知らせたりね。

それにしても、ミサイルを撃ち込んで来た側に一切抗議せず、Jアラートを鳴らされたことにブチ切れている人が一定数いることに驚きというか呆れます。
「命があるからブチ切れることが出来るんだぞ」と。

4. 無題

実際に落とされるとしたら東京ですよ。手に持てる武器以外あまり詳しくはないですが、核弾頭による攻撃の場合、衝撃波による建造物の損壊はかなり広範囲に及ぶでしょうが、放射能汚染の範囲はおそらく半径2~3kmではないでしょうか?地下を移動すれば逃げ切れる可能性があります。車では落下点を正確に把握した上で、よほど交通事情に恵まれなければ無理ですね。

「ただの通過なのに警報を鳴らすのか」なんて声もあるようです。Jアラートが作動しなければ発射されたことすら知るとこが出来ないのに。例えば「今回は国内に落下しないことがわかっていたので」なんて事後報道すると、それはそれで文句を言うのでしょう。

プロフィール

HN:
Brainflow (麻呂)
性別:
男性

P R